忍者ブログ

WindowsXPで突然explorer.exeが強制終了してしまった場合の対処法

[PR]

  •  投稿日:2017-11-25
  •  カテゴリ:
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 カテゴリ

WindowsXPで突然explorer.exeが強制終了してしまった場合の対処法

来年にはサポートが終了してしまうWindowsXPですが、
まだまだ活躍の機会はあります。

パソコンの操作中に、
突然explorer.exeが強制終了してしまう場合が、
あります。

こうなるとデスクトップアイコンやタスクバーが、
全て消えてしまい一見操作不能になったと、
思ってしまいますが、
この方法で復帰できるかもしれません。



画像1

explorerが強制終了してしまうと、
デスクトップに何も表示されなくなってしまいます。

この状態で、
キーボードの、
[Ctrl]+[Alt]+[Delete]キーを同時押しすると、

タスクマネージャーが起動します。

タスクマネージャーが起動したら、



新しいタスクの実行をクリックします。



explorer.exeと入力します。


するとexplorerが再起動し、
デスクトップ画面が復帰します。
PR
 カテゴリ
Copyright © ゴリゲンヌのPC活用ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

忍者ブログ[PR]